FC2ブログ
TOP2014年03月


*唯一の、嫌い。

◆140字お題
*『れつご』 …星馬 豪
--------------------------------------------------

 好きなものは?

 答えていいのか判らなくて、自分は俯いた。
 訊いてきた兄が、困った様に苦笑したのが気配で伝わる。
 沢山ある。けれどそれは、好き、と声にする資格は自分にはあるのだろうか。汚したくない、光。
 嫌いなものなら、簡単に答えられるのに。

 自分がいちばん、嫌い。

*****


一度やってみたかった、モノローグのみの一本。

……だから、海里宅の豪くんには辛いだけのお題だってば…(泡)!
言兎にはいい影響がなさそうですね(苦笑)。嫌い、て…。


**

カテゴリ:+『れつご』.

*何を今更、

◆140字お題
*『れつご』 …ブレット×カルロ
--------------------------------------------------

 引っ付いてくるブレットに、少し遠慮なく小突いた。
 痛い、という彼に、カルロは息を吐く。
「自業自得だろ」
「ひどいな」
 苦笑しながら、ブレットはまたカルロに抱き付いた。
「もう今更だろう」
「だから、鬱陶しいんだよ」
 面倒臭そうに肩を竦めるカルロに、ブレットは擦り寄った。

*****


引き剥がすのを諦めちゃうカルロは、ブレットに甘いと思う(苦笑)。

もう、こんなふたりを何度書いたことか!
ほんとう、いまさらなふたりのやりとりですよ…(笑)。

日常的な風景は、書いててたのしい♪


**

カテゴリ:+『れつご』.

*最後の言葉

◆140字お題
*海里主作品『陽と月のうた』 …星羽 陽里
--------------------------------------------------

 去っていく春実の背に、陽里は声を掛けられなかった。
 行かないでくれ、と口には出せない。止める事は、出来ない。
 ささやかにしか力を貸せない。
「……」
 弱く、陽里は唇だけを動かす。
 声にはせず、ただ、願いを。
 神はなんて無力なのだろうか。

 生きて、かえってきてくれ。

*****


声にこそ出していないけど。
生きている彼に願った、掛けた、最後の言葉。

『うさめも』にも投下してありますが、そこに引き続き春実さん。
戦時中を生きた方です。

……清生家歴代の中でも、春実は別なのかし…ら?
戦国時代に生きた世代の人と比べてるとか…? むー…ん?

陽里を掘り起こすのは、労力とたのしさが結構ありそうですね(苦笑)。


**

カテゴリ:*海里主作品.

*ありふれた日常の中の幸せ

◆140字お題
*『ひか碁』 …薫×ヒカル
--------------------------------------------------

 いっしょにリビングで、薫とヒカルは一休憩していた。
 薫は少し文章に煮詰まったらしく、ヒカルは疲れてきたから息抜きだ。
 隣り合わせにソファに座って、お互い好みの飲み物を口にしながらたわいもない話をする。
「天気もいいし、買い物でも行くか」
「うん」
 おだやかな、そんな時間。

*****


特になにするわけでもなく、特に大事な話をするわけでもなく。
でも、きっと、そんななんでもないことが、いちばんしあわせな時間。

が、伝わってくれたら、いいです!

海里宅の薫は、小説家。
原作沿い終了後で、薫とヒカルくんはふたり暮らしですよー。


**

カテゴリ:+『ひか碁』.

*手繰り寄せた糸の先

◆140字お題
*『K』 …美咲×猿比古
--------------------------------------------------

 ふ・と気付けば、なぜか美咲が隣に座ってた。
「俺等、せっかく同じ歳じゃん。仲良くなろーぜ♪」
 屈託なく、自分に向かって笑い掛けてくる。
 数度目をしばたき、猿比古は返した。
「何だよ、それ」
 よく判らない。
 …けど、悪くない。

 手繰り寄せた糸の先は、お前なのだろうか。

*****


原作本編=前世、になっております…よ!
いまさら補足…(遅)。

あの世界とは全く違う(…て・ほどでもないけど)世界に転生している、ていう…行く先々でよく書かれてる設定なので、海里も海里的にやってみてる(待)。

ふたりとも、前世の記憶は無し。
でも、美咲はなんか何となく、感覚的にはあるよ…的。
比古は全くそれすらもない。現世では出雲の養子なので、苗字は草薙。旧姓は伏見。

苗字だと比古か出雲か判らないので、この二人は基本的には名前呼びされてます。


**

カテゴリ:+『K』.
| Top Page |