FC2ブログ
TOP+『刀剣』.

このカテゴリーの記事



*若いときには無茶をしとけ

◆140字お題
*『刀剣』 …吉行×月紘
--------------------------------------------------

 首を無造作に回せば、ごきごきと音が鳴った。上下に肩を動かして、固まった筋肉を軽く解す。
「こうも一人で何人も相手するのは、疲れるな…」
「若いうちから何言うとる!」
 豪快に笑って、吉行は月紘の背をばしばし叩いてきた。痛い。
「隊長じゃけん、後輩育てんのはわいたちの役目じゃ!」

*****


名前一覧+他. =海里設定.

むつんば。

お題だけ出しといて、なかなか上手くまとまらず…やっと消化です(泡)。
月紘(まんばさん)が吉行に突っ込む方、だったのですが、いざ書いたら逆になった。

方言の詳細は脳内で補正してください…むつかしい@


**

カテゴリ:+『刀剣』.

*例外的に

◆140字お題
*『刀剣』 …爛×明石
--------------------------------------------------

 かわいい、と言われては女の子扱い。悪くない優越感。
 けど、ボクはやっぱり男なのだと実感する。
 触れただけの唇を手の甲で隠しつつ、軽く驚きながら明石は戸惑った表情をしてる。
「……ぇ、と…爛? 何…」
「そんなことも判らない人じゃないでしょ?」
 キミ相手にだけ、覗かせる顔。

*****


名前一覧+他. =海里設定.

乱明石。みだあか。
…みだあか? CP表記が不明ーマイナーです(知ってる)。

乱=爛、で読みは「らん」です。
豪華絢爛! 乱らしいですよね(苦笑)?

薬研が『花丸』のおかげで順位が上がりました! …海里の中で。


**

カテゴリ:+『刀剣』.

*あなたと一緒にいたいんだもん

◆140字お題
*『刀剣』 …煌狐×鶴
--------------------------------------------------

 久しぶりに、熱を出した。何年振りだろうか。
 大して働かない頭で思考を動かす。
 熱いのに、寒い。
「鶴、大丈夫か?」
「……こぎ…ね」
 朝から自分に掛かりきりらしきの煌狐に、鶴は僅かに眉を寄せる。
「…うつるぞ」
「移らんよ」
 にか、と煌狐はわらう。
 お前といたいから。

*****


名前一覧+他. =海里設定.

こぎつる。

鶴さんだいすき、海里宅の煌狐(=小狐)。
煌狐は頑丈な身体なので、大丈夫! 移るとしても、傍にいようとするかな…(笑)?

こぎつる同志さまが少なくてさみしいです@


**

カテゴリ:+『刀剣』.

*夢だったらよかったのに

◆140字お題
*『刀剣』 …安定×清光
--------------------------------------------------

 前世と現世。
 違う事は判ってる。周りの環境も、自分の身体も、前世とは全然違う。
 それでも、自分は記憶を持ってるし、きみを憶えてる。鮮明に。
 なのにあいつは、現世(いま)を生きている。
 そんなの当然なのだとは、判ってる。わかってる。

 これがゆめだったら、よかったのに。

*****


名前一覧+他. =海里設定.

やすきよ。
安定視点。

復帰一発目がこんなん……モノローグで終わるとか…(逃)☆
理屈と心模様は、なかなかに一致しない。


**

カテゴリ:+『刀剣』.

*頬を伝う雫

◆140字お題
*『刀剣』 …鶯×三日月
--------------------------------------------------

 もう幾度もされてきた行為なのに、今でも慣れる事が出来ない。
 抱かれることに嫌悪はない。それは他ならない、お前だからだ。
 身体を翔ける波に、感覚が持っていかれる。
「…んっ」
「三日月…」
 熱の籠った吐息で自分の名を呼んだ鶯が、頬に伝う雫を指先で拭う。
 それさえも、快楽。

*****


名前一覧+他. =海里設定.

うぐみか。

…何故か夜場面(とは限らないけど、基本は夜)。
ほんとは、宗像家系で三日月とハルを会話させたくて、三日月、でやったらこのタイトルが出るとか……出た途端、これが思いついたので(逃)。


**

カテゴリ:+『刀剣』.
| Top Page | Next