FC2ブログ
TOP+他.

このカテゴリーの記事



*愛に近い執着

◆140字お題
*『フルーツバスケット』 …潑春、由希
--------------------------------------------------

 嫌いだ、とお前は眉間にしわを寄せて口にする。
 なんで? と俺は首を傾げることしか出来ない。
 こいつはいい奴。嫌い、とアイツからの言葉でそう決めつけるのは、勿体なさ過ぎる。
「ハル、どうしたの?」
 なんでもないよ。頭を撫でれば、細い灰の髪が手を滑った。
 しあわせになって。

*****


夾由希、前提。

潑春の中で由希くんは特別な存在で、世界でいちばんしあわせになって欲しいひと。

しあわせになって欲しいよね…っ!
(それまでの過程で不幸ラインを設定している書き手。 ←)
美鈴はしあわせにしたいひと。

いるとややっこい大変なことになるので、透は夾と由希くんのこどもで落ち着きました。


**

カテゴリ:+他.

*ご機嫌取りも楽しみのひとつ

◆140字お題
*『1001』 …ルバ×勇高
--------------------------------------------------

 この恋人は、かわいい。
 眉間にしわを寄せて、唇を尖らせて。
 怒っている訳ではないだろう他愛ない理由だけれど、このままというのはたのしくない。
 隣にいる不機嫌な恋人を、オレは腕の中に閉じ込めた。
 驚いた気配が伝わってきて、思わず頬が緩む。
「勇高」
 ねぇ。機嫌、直して?

*****


ルバ勇高。
いいと思うのですがいないさみしさ(泣)@

つまりは、ルバ(ルバイヤート)の惚気です(笑)。
勇高にはしあわせになってほしい…! 勇高を甘やかしてほしいー!


**

カテゴリ:+他.

*一緒に帰ろう

◆140字お題
*『あんスタ』 …真緒×北斗
--------------------------------------------------

 一緒に帰ろう。
 そう言われるのに、まだ…なんか慣れない。
 学校には今年度からようやっと通える様になったばかりだから、そうやって帰宅するのも新鮮だった。
 放課後で賑やかにする生徒たちの合間から、自分の席まで来る人物がいる。
 無意識に頬が緩む。

「北斗! 一緒に帰ろうぜ」

*****


まおほく。

北斗が病弱設定です(逃)。尊と礼司さんのこどもなので、苗字は周防です。
真緒は、残夏と連勝の子なので、苗字が夏目となっております。

設定は決まるが、話が進まない。 ←


**

カテゴリ:+他.

*たった二人の世界

◆140字お題
*『きん注』 …秀一×葵
--------------------------------------------------

 最終下校間近の教室は、日中の賑やかさがないのも手伝い、やけに静かだ。
 秀一の手が自分の頬に添えられて、葵は慌てた。
「ちょ…、待て…っ」
「だいじょうぶだよ」
 通りかかる人なんて、早々いやしない。
 やさしく瞳を細めた秀一が、距離を縮めてくる。

 空間がふたりきりになる。

*****


60th記念版の『きん注』1巻を、描き下ろしペーパー目当てにお出迎えして読み返したら、葵ちゃん熱が再燃したというはなし。 ←

当時そのままの復刻なので、既刊紹介頁の作家さんと単行本が懐かしくてもう……どれぐらい、作家生活で生きてる方がいるんだろうか…。

葵ちゃんがかわいくて仕方がない。
結局、全巻揃えそうです……いや、全巻、あるんだけども。机が遠くて取れないからいいとする(待)。

葵ちゃん、かなづちだったっけね! ほんとにかわいいな、もうっ(笑)!


**

カテゴリ:+他.

*最近の発作です

◆140字お題
*『1001』 …七糸→勇高
--------------------------------------------------

 ここ数日、同じ歳の兄が自分にやけに引っ付いている。
 現に今も、左に座る七糸の右肩が、本を読む勇高の左腕にべったりとくっついている。
 なんだろうか。
「…七糸?」
「ん? なに?」
 特に気にすることもなく、七糸は首を傾げる。
 なに、ではない。それは自分の台詞、なのだが…。

*****


間にいろいろあった頃の、反動だよ(なにがあった)!

勇高の話も手掛けたいのだけど、未完結だらけなので我慢我慢…。
『ドラ騎士』も長くなる!*


**

カテゴリ:+他.
| Top Page | Next