FC2ブログ
TOP+『K』.

このカテゴリーの記事



*ハッピーエンドの来ない悲恋こそ美しい

◆140字お題
*『K』 …猿比古、出雲
--------------------------------------------------

 片想い。
 言葉にすれば、つまりそういうことで。
「八田ちゃんがも少し、察しが良かったらなぁ」
 微苦笑気味にする出雲に、猿比古は小さく喉で嘲った。
「……ぃぃ」
「ぇ?」
 小さすぎて聞こえなかった台詞に出雲は訊き返すが、猿比古は無視する。
 このままでいる方が、平穏なのだ。

*****


美咲←比古。前世。

……悲恋、というか…むしろ美咲がそこまでの感情にいかない…(知ってる)。

恋愛までいってしまうと、きっと、上手くいかない。
今の関係が、いちばんのベスト。

本編はどこまでの流れになるのか、現段階だと先が視えません(苦笑)@
和解はするけどそれ以上はいかないで生を終える、の・かな…?

そして現世へ。 *あくまで海里設定です!


**

カテゴリ:+『K』.

*息の根止めて

◆140字お題
*『K』 …尊×礼司
--------------------------------------------------

 相変わらず、こいつは粗野で乱暴だ。
 その癖、獣の様に獰猛に自分を組み敷くのに対し、触れてくる手はやさしい。
 深い夜の中、声も息遣いも体温も、目の前の男のしかない。
 何度も何度も、唇が奪われる。
 長い事、呼吸の自由を奪われるお前からのそれは、嫌いじゃない。
 お前になら。

*****


礼司、でこのお題が出た瞬間、これしか思いつかなかった……(逃)。

尊も悪い。 <責任転嫁(待)。

『K』だとわりとCP雑多で書きたくなるのに、『Free』は素敵に凛とハルしか思いつかない偏りっぷりはどうにか……。
『あんさんぶる』では、真緒と北斗でいいですよね。 ←

凛とハルのとこに固まり過ぎたので、北斗は尊と礼司宅の子に。
真緒は、残夏と連勝の子に投下してみた。 *クロスワード日常茶飯事作者です.

蒼空(惑星名)が、男性型中性が普通世界になってきた……うん、いいか(待)。
中軸では、稀性別ですよ…!


**

カテゴリ:+『K』.

*アンビバレンス

◆140字お題
*『K』 …尊×礼司
--------------------------------------------------

「嫌いですよ。あなたの人を喰ったその様な態度」
 隣に座る礼司が、つん、と自分に言い投げた。
 思わず、喉から笑いが零れる。
「それはてめえもだろ、宗像」
 礼司の髪を数本ばかり手に取り、尊は感触を味わう。細く綺麗だ。
「けど、俺はそんなお前も嫌いじゃないぜ?」
「…狡いですね」

*****


結局、らぶってるふたりが書きたかっただけらしい(待)。

礼司さんは妖艶だといいですね。 ←


宗像家の祖母は、じっさまに決まりました。
じっさま、というか、ばっさま(ぇ /男性型中性 ←)。


**

カテゴリ:+『K』.

*君という名の

◆140字お題
*『K』 …洋×将臣
--------------------------------------------------

 彼を眺めてるうちに、笑みが込み上げてきた。
「…何だ、お前。キモチワルイ」
「ぇ~。酷くねぇ?」
 抑えているが肩を震わす洋に、将臣は息を吐く。
「お前は、会った時から変だったな」
「やっぱり酷ぇ」
 おかげで笑いは収まったが、洋は変わらずに彼を双眸に映す。
 きみという名の。

*****


眺めてるうちに、うれしくなって笑い出した千歳。
現世では、再会が遅れたふたりです。出羽は前世の記憶はないー(待)☆

現世での出羽の幼馴染みは、榎本……と青側のもうひとり。
誰だったっけな…めも見ないと判んない@


また隣にお前がいる、というのがうれしくて。


**

カテゴリ:+『K』.

*出来るなら苦労はしない

◆140字お題
*『K』 …礼司、出雲
--------------------------------------------------

 救えたのなら、と。
 あの時、お前を救えてたなら、と。
 何度思ったか、解らない。
『そこまでとらわれ過ぎんのも、どうかと思うんやけど』
 前の生でいう、京訛りの調べで苦笑した出雲が過ぎる。
 ふ、と礼司は自嘲する。
「…そう出来てたら、苦労はしませんよ」
 小さく声に零した。

*****


尊礼の素敵小説さんの影響を受けてますが、世界観の関係上、どんどん違う方向に行く…(遠目)。

礼司の弟が遙ですからね!
家柄はお金持ちですからね!

長水路プール、広い庭の一角に造っちゃった礼司さん……こわい(笑)。

そんな礼司さんは仕事が多忙でほとんど自宅に帰れなくて、そのうち別に家建てて尊といっしょに住mu。


**

カテゴリ:+『K』.
| Top Page | Next